エントリー

2016年06月

蒸殺

十勝は6月というのに天気が悪く、寒い日が続いております。

本日も雨。

もう一週間くらい太陽を見ていません、ナルセ養蜂場のヨメです。

 

ですが、北海道各地には

本州から続々とミツバチたちがやって来ています。

夏は全国の養蜂家さんが北海道に集結。

遠くは鹿児島から、

ミツバチの巣をトラックに積んで、

北海道へ上陸します。

20160620143108.jpg

ミツバチの移動の話は何回かブログで書いておりますが。

ミツバチの移動に記事はこちら→「ミツバチの移動」

実は移動は大変なのです。

 

おろした巣箱の中にはこんなものが。

20160620143109.jpg

ああ、なんてかわいそうなんでしょう…

巣板の上にたくさんいるミツバチは死んでしまったものです。

移動中に巣箱の中の温度が上がりすぎて、

蒸殺してしまった巣箱。

20160620143110.jpg

全滅とまではいきませんが、かなりの数が死んでいます。

巣箱の下にできている水たまりは、実ははちみつ。

巣箱内の温度が上がりすぎ、巣が溶けてしまったため、

はちみつが漏れでてきました。

 

養蜂家にとってミツバチは財産。

はちみつを採るために、

いわば全財産を積んで移動するわけですが、

実はこの夏の移動こそ、

一番リスキーなイベント。

20160507153003.jpg

ミツバチを巣箱ごと移動させる時には、

当然巣箱の出入り口をふさぎ、

移動中ミツバチが外に出られないようにします。

北海道までの移動は中部地方からだと30時間くらい。

北海道でも北の方への移動だともっとかかります。

 

夜の間は良いのですが、

昼間、気温が上がってくると

巣箱の中の温度が上昇。

普段なら昼間は働き蜂が出て行って居ない時間、

全員が居るので巣箱の中は満員。

 

ミツバチたち自身の熱もあり、

巣箱の中の温度が上がり過ぎ、

仕舞いには巣も溶け出し、

巣のミツバチほとんどが蒸殺してしまう。

ということがたまに起こるのです。

20160620143112.jpg

↑熱くなって溶けてしまった巣

 

しかも、

ミツバチの数が多い、良い群ほど

蒸殺が起こりやすいジレンマがあります。

 

巣箱の中のミツバチの数を減らしておけば、

蒸殺のリスクは低くなります。

 20160620143111.jpg

↑これも死んじゃった箱。

(たくさんの働き蜂が死んでも、女王は最後まで生きています)

 

しかし、花の咲く時期は限られていて、

採蜜シーズンは短い。

花の咲いている間は出来るだけ切れ目無く

はちみつを採りたい。

 

移動後すぐに採蜜するためには、

採蜜群としてある程度の蜂数に仕立てておく必要があります。

 

その分、巣箱に風が通るよう、網の部分を作ったり、

巣箱の中に隙間を作ったり。

トラックの上に氷を載せて走ったり、

途中ガソリンスタンドで水道を借りて

トラック全体に水を打ったり。

 

トラックが走っている間は風が入りますが、

止まると暑くなってしまうので、停車の休憩は最低限。

 

その昔はトラックに巣箱と家財道具一式を積んで、

家族と一緒に移動するも

東北付近でフェーン現象の熱風に襲われ、

トラックの巣箱ほとんどが蒸殺。

泣く泣く地元に帰った、

なんて話もありました。

 

 20160620150959.jpg

↑もっと昔は貨車で移動。

 

今は天気予報も精度が上がり、

気温の高そうな日を避けられるようになりましたが、

大型のトラックを手配する場合は

やっぱり今日はやーめた、

なんて言えないですし。

 

とはいえ、涼しい早い時期の移動もダメです。

本州で花が咲いていて、はちみつが採れるのに、

花のない北海道に移動してしまっては意味が無い。

 

この時期は「そっち(北海道)の花の様子はどう?」

とやりとりしながら、

いつ頃移動するのか気をもみます。

 

そして全部の巣箱が無事に着くと

ホッと胸をなで下ろします。

「死ぬような(良い)蜂じゃないんじゃないのー?」

なんて冗談を言ったり。20160507151921.jpg

実は命がけの移動なのでした。

 

だからこそ!

北海道ではたくさんはちみつが採れてほしいっ!

お天気よ!回復して~~~ 

 

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

ミズキのはちみつ

岩手県からミズキの花のはちみつが届きました!

すっごく綺麗な色。

アカシアやレンゲと並ぶ綺麗な色です。

20160606172248.jpg

口に入れると最初は全くクセがなくてとても食べやすい。

しっとりとしたみずみずしい甘味です。

そして最後に花の香りがフローラルな余韻を残します。 

はちみつレモンを作ったらおいしそう!

 

採ったのは若手の養蜂家さん。

ミズキがたくさん咲いてる時期に採れ、

ミズキを中心とした百花蜜です。

 

ということで、

「ミズキと里の花の蜂蜜」という名前にいたしました。

20160606172249.jpg

ミズキはミズキ科の木で、全国にあります。

川沿いなどでよく見かけ、白い小さな花を咲かせます。

枝張りが独特で階段状の樹形。

帯広にある木がちょうど花を咲かせていました。

 

クマノミズキというよく似た木があるそうですが、

クマノミズキは北海道には分布していないようです。

 

とにもかくにも、とてもおいしいハチミツが入荷しました!

瓶詰でき次第販売いたします!

 

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

リニューアルオープン

ナルセ養蜂場リニューアルオープンしました!20160602172842.jpg

 

改修工事が無事終わり、リニューアルオープンを迎えました!

「広くなったわねぇ」

「いえいえ、壁と床を綺麗にして商品棚変えただけなんです」

と会話をしながら届いたばかりのレンゲやミカンのはちみつの

試食をしていただいています^^

 

そして

20160602173945.jpg

すんごく立派なお花をいただきました!!!

店内がユリのいい香りで満たされています^^

 

またここから頑張ります!

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

ページ移動

  • «
  • 1
  • »

ユーティリティ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着画像

新着コメント

2017/11/21 from 権限がありません
Re:ミツロウ100%のアロマワックスバー
2017/11/20 from 権限がありません
Re:ミツバチが北海道にきた!
2017/11/20 from 権限がありません
Re:ミツバチが北海道にきた!
2017/11/19 from 権限がありません
Re:ミツバチが北海道にきた!
2017/11/19 from 権限がありません
Re:ミツバチが北海道にきた!

新着トラックバック

2017/11/11 from 承認待ち
Re:ミズキのはちみつ

Feed

ログイン

認証フォーム