エントリー

北海道産みつろう

先日結婚式を挙げましたナルセ養蜂場のヨメです。

さて、みなさんは「みつろう」ってご存知ですか?

なんか聞いたことあるような?

 

みつろうというのは、ミツバチの巣の材料になっている蝋(ロウ)のこと。

20140913120113.jpg

↑ミツバチの作るあの六角形の巣はミツロウというロウでできています。

 

ミツバチが作るロウなので蜜蝋(ミツロウ)。

英語だとbeewax、beeswax(ハチのロウ)というようです。

ミツバチが体内で作り出す天然のロウなのです。

 

ミツバチが体内で作るので、当然ミツロウの質は

ミツバチの食べるものに左右されます。

質といっても、主に色や香りですが。

ミツバチの食べるものといえば、花のミツと花粉。

例えば、アカシアの時期なんかは白っぽい巣に、

トチノキの花粉は赤いので、ほんのり赤い巣に、

茶色っぽい蜜が取れる時期に作られる巣は茶色っぽいです↓

20140713113021.jpg

 

でも全体的にはだいたい黄色い色をしています。

 

そしてこのミツロウは昔からいろいろなものに利用されてきました。

まず思いつくのはロウソク。

電気のなかった時代、

特にヨーロッパの教会なんかではとてもたくさんロウソクを必要としていたので、

はちみつというよりも、ミツロウを採るためにミツバチを飼っていたとか。

それから、クレヨンや化粧品、艶出しのワックスに、

革製品を縫う糸にもミツロウを染みこませています。

 

最近では自分でリップクリームやハンドクリームを作ったり

キャンドルを作ったり、アロマバーを作ったり、

個人で使われる方も多いようです。

 

というわけで、

ナルセ養蜂場でもみつろうを販売する事になりました!

20140913134442.jpg

 

使いやすいよう細かいフレーク状にしてあります。

20140913134245.jpg

とはいえ、

機械でやっているわけで無く、

自分達で手作業でやっておりますので、

色々な形があり少々不格好。

 

湯せんするなどして溶かして使います。

キャンドルにすればミツロウ独特の良い香りが、

オイルと混ぜれば簡単に手作りハンドクリームなどが作れます。

 

ハンドクリームなどを作る時は少量でできてしまいますので、

10gの少量から販売いたします。

ご注文はこちらから↓↓

北海道産みつろう 10g 86円(税6円)

北海道産みつろう 100g 648円(税48円)

北海道産みつろう 200g 1,188円(税88円)

北海道産みつろう 200g×3パック 3,240円(税240円)

 

クリームの作り方もこちら↓

「基本のみつろうクリームの作り方」

 

一度自分でリップクリームを作ると、

とってもお値打ちに確実に無添加のものができて、

皆さん使い心地にやみつきになり、

「もう市販のモノは買えない!」という気持ちになるそうですよ!

エッセンシャルオイルなんかを入れて自分好みにカスタマイズできますし、

いろいろな作り方がネットに沢山載っているので

これから乾燥の季節に是非おためしください。

 

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着画像

新着コメント

2017/11/22 from 権限がありません
Re:ミツロウ100%のアロマワックスバー
2017/11/21 from 権限がありません
Re:ミツロウ100%のアロマワックスバー
2017/11/20 from 権限がありません
Re:ミツバチが北海道にきた!
2017/11/20 from 権限がありません
Re:ミツバチが北海道にきた!
2017/11/19 from 権限がありません
Re:ミツバチが北海道にきた!

新着トラックバック

2017/11/11 from 承認待ち
Re:ミズキのはちみつ

Feed

ログイン

認証フォーム