エントリー

みつろうクリーム再び

北海道の冬は恐ろしいほど乾燥しております。

昨年作っていい感じだったので、

(→2014.12.01 手作りみつろうクリームの作り方)

今年もミツロウクリームを作る事にしました。

今年はココナッツオイルで作ってみます!

 

※注意※

ナルセ養蜂場のミツロウはメッシュで濾しただけのミツロウです。

アレルギーテスト等行っておりません。

クリームを作った場合は必ずパッチテストなどを行って下さい。

 

■材料

ミツロウ 3g

ココナッツオイル 15g

 

■必要な道具

ミツロウを溶かすための耐熱容器(ビーカーや小鍋)

混ぜるための割り箸やマドラー

できたクリームを入れる容器(市販のクリームジャー)

1g単位で量れるハカリ

20151225155253.jpg

私はミツロウを溶かす容器に

100均で売っていたミルクジャグを使っています。

ミツロウは綺麗に洗いきれないので、

ミツロウを直接入れる容器は

ミツロウ専用にする事をおすすめします。

 

■作り方

まずは計量します!

20151225155154.jpg

ココナッツオイルが固まっているので

量りにくいですが、、、

余りシビアにならずとも大丈夫。

出来上がったものが

思った固さのクリームにならなかったら

また溶かせばいいのです。

 

溶かします。

20151225155155.jpg

今日はフライパンに水をはって湯せんしてます。

さっそくココナッツオイルが溶けてきました。

 

湯せんの水の量が多過ぎると

ミツロウの鍋がひっくり返るので注意。

直火ではミツロウの温度が上がりすぎて危険です、

湯せんか温度調節できるIHヒーターなどをお使い下さい。

20151225155156.jpg

ミツロウもだんだん溶けてきました。

ミツロウは65度~70度で溶け始めます。

ミツロウを完全に溶かして、

オイルとしっかり馴染ませる事がポイント。

ここは焦らずじっくり溶かします。

 

割り箸等でかき混ぜ、しっかり馴染ませたら、

クリームジャーに入れます。

20151225163724.jpg

固まったら出来上がりー

ハンドクリームに使います。

 

ココナッツオイルは香りが強いので、

今回は精油無しで作りましたが、

お好みで1~2滴垂らすといい香りに。

 

ホホバオイルで作るとミツロウの香りがとてもいいクリームに。

そのままだとミツロウの香りが強いのですが、

精油を入れたり、香りの強いオイルと混ぜてつくると

なぜがミツロウの香りが消えます。不思議。

 

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

トラックバック

トラックバックURL

https://naruse-bee.jp/php/freo/index.php/trackback/182

コメント

コメント投稿

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着画像

新着コメント

2019/10/13 from Anthony
Re:ミツロウの色
2019/10/12 from Maria
Re:ミツロウを使ったワックスバーづくり
2019/10/11 from Darleen
Re:ミツバチが北海道にきた!
2019/10/10 from Walker
Re:ミツバチの積み込み
2019/10/09 from Parker
Re:養蜂道具紹介2-ツール

新着トラックバック

2019/06/01 from 承認待ち
Re:アマムエクルさんのお菓子

Feed

ログイン

認証フォーム