エントリー

カテゴリー: 北の風景

台風10号のご報告

忙しいことを理由に、ブログさぼっていました。

ナルセ養蜂場のヨメです。

さて、東北や北海道に被害をもたらした台風ですが、

ナルセ養蜂場がある十勝も被害があり、

商品の発送には遅れがでています。

が、当店は無事に通常営業しております!

 

お客様からも大丈夫ですか?とご心配のメールをいくつもいただき、

とてもありがたく、またうれしく思っております。

ご心配いただきました皆さま、本当にありがとうございます。

 

近くでは川の増水で、氾濫や決壊したところもあり、

畑が水浸しになったところや、

停電や水道のトラブルもあったようですが、

幸いなことに、当店では何の被害もなく、

庭の落ち葉や折れた枝の掃除くらいで済みました。

 

20160901154938.JPG

ナナカマドの実が色づく前にたくさん落ちてしまいました。

近くの林ではクルミもわんさか緑のまま落ちていました。

鳥やリスなどのごはんが…

 

養蜂家さんたちも、

巣箱の蓋が風で飛ばされたりはしたようですが、

土砂崩れで蜂場に入れなくなったとか、

水に流されてしまったという話は

今のところ聞いておりません。

 

20160901154937.JPG

本年2度目の営巣中の軒下のスズメちゃんも

ヒナともども無事なようです。

 

毎年、2回目のヒナたちは、大きくなりきるまえに寒くなってしまい

うまく巣立てないことも多いのですが、

今年は台風のおかげでなんだかまだ暖かいので、

無事に今日巣立ってくれたようです。

台風の後片付けの中、うれしい出来事でした。

 

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

 

 

函館にお越しの際は

お店にいけてある桜のつぼみが膨らんできました。

20160402152931.jpg

幕別町では雪もだいぶ溶け、

空き地ではフキノトウもみかけます。

北海道にも春がやってきました。

そして新幹線もやってきました!

 

最近は全国版のテレビ番組でも函館の特集をよく見かけますね。

函館といえば、アンジェリック・ヴォヤージュさんです!

函館にある小さなお菓子屋さんですが、

ナルセ養蜂場のはちみつをずっと使ってくださっています。

 

そのアンジェリックさんが、

なんとぴったんこカンカンに出たのです!

電話や手紙でのやり取りが主ですが、

なんだか知り合いが出ているようでドキドキでございます。

 

やはりテレビの影響は大きいようで、

通販がパンクでネットでの注文は停止とか…

なんとまあ…

 

クレープがおいしいので

函館に観光にいらした際はぜひ召し上がってください!

アンジェリック ヴォヤージュ (Angelique Voyage)
〒040-0056 北海道函館市弥生町3-11
TEL0138-76-7150 
営業時間 OPEN:AM10:00~CLOSE:
定休日 月曜日
※材料が無くなり次第閉店

 

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

三毛別ヒグマ事件と「蜜蜂乱舞」

11月に珍しく大雪が降ったかと思えば、

暖かい日が続き、十勝ではだいぶ雪が溶けてきました。

ナルセ養蜂場のヨメです。

 

このところテレビなどでよく話題になっているのが

ちょうど100年前の1915年12月におきた、三毛別のヒグマ事件。

一頭の巨大なヒグマが開拓村を襲った事件です。

 

私がこの事件を知ったのは、

数年前に吉村昭さんの小説「熊嵐」を読んでから。

20151217145345._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

(写真はAmazonから拝借)

 

もー、熊は怖いし、

開拓村の、すきま風どころかビュービュー風が吹き込みそうな家が

寒そうで寒そうで寒そうで。

小説の中では六線沢(事件の起こった村)は開拓村の中でも

貧しい村となっていて、開拓民の生活ぶりが印象に残っています。

映画のような展開に、緊張しながら一気に読み終わると、

嵐が去った後のような虚脱感に襲われた覚えがあります。

 

しかも、近くの似たような山中での採蜜に同行する事もあって

行くたびに、本当にあった事件なのだとしみじみ感じてしまいます。

20151217172042.jpg

三毛別の写真。

「ひぐま事件現場周辺には熊が出没するから食べ物は供えるな」

との看板が。

20151217172043.jpg

くまの像もあります、でかいーーー20151217172045.jpg 家の中。

向こう側の光が見えますー!

吉村さんの表現を借りれば「羆は叢にでも分け入るように」

簡単に家に入ってこられます。

20151217172044.jpg

そして周辺の木には熊の爪痕が・・・。

 

さて、私は吉村昭さんのファンなのですが、

最初の一冊は「蜜蜂乱舞」という養蜂家が主人公の小説です。

20151217152108._SY498_BO1,204,203,200_.jpg

(写真はAmazonから拝借)

私が養蜂に関わっていると知った大学の恩師に教えてもらったのです。

吉村昭さんは緻密な取材に基づいて小説を書くことで有名ですが、

本当に入念に取材をされたのだと、

隅っこですが同じ業界に身を置いていて、とても実感した作品です。

養蜂家の暮らしぶりや考え方がよく分かり、養蜂業界が垣間見えます。

 

ちなみに、この小説のモデルになった養蜂家さんは

ナルセのおじいちゃんと同じ、鹿児島から北海道に転地していた方で、

おじいちゃんともお知り合いだったようですよ。

 

残念ながら今は絶版で電子書籍か古本でしか買えませんが

(私も古本で買いました)

養蜂に興味のある方はぜひ。

 

以下Amazonからあらすじを

東京の大学を中退して行方知れずになっていた長男が、女を連れて戻ってきた。彼女とは、4日前に結婚したという。養蜂一筋に生きてきた伊八郎の心は、喜びと憤りで大きく揺れた。4月、春の訪れと共に、一家は花を追って、日本列島を北上するトラックの旅に出るが…。旅先で遭遇する事件や人間なるがゆえの葛藤を、雄大精妙な自然界の摂理を背景に追求した力編。

 

国産はちみつ

ナルセ養蜂場

ページ移動

ユーティリティ

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着画像

新着コメント

2018/06/02 from 権限がありません
Re:新商品がもうすぐ
2017/11/05 from narubee
Re:物産展の準備中
2017/11/05 from narubee
Re:ハチとアブ
2017/10/21 from ななしのにんぷ
Re:物産展の準備中
2017/10/05 from 果哉屋
Re:ハチとアブ

Feed

ログイン

認証フォーム