エントリー

乳児ボツリヌス症への注意

  • 2017/04/14 11:06

日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがとうございます。

2017年4月7日、東京の生後6カ月の男の子が乳児ボツリヌス症によって死亡したという悲しい報道がありました。ハチミツを与えたことが原因と考えられています。ご家族の気持ちを思うとやりきれません。

ボツリヌス菌は土壌などにいる菌で、植物を訪れることによってミツバチにも付着します。すべてのハチミツに必ずボツリヌス菌がいるというわけではありませんが、ハチミツにも入り込んでいる可能性があります。

ボツリヌス菌は、ハチミツ内では芽胞という熱に強い状態で休眠しており、腸内細菌が少ない乳児の体内にはいると、腸内で増え、毒素を作り出し、乳児ボツリヌス症を引き起こします。

1歳を過ぎるころには腸内環境がしっかりと整い、菌は腸内で増えず、体の外へ出されます。また、お母さんの食べたハチミツが直接赤ちゃんに送られるわけではないので、妊婦や授乳中のお母さんはハチミツを食べても大丈夫です。

ただ、ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、家庭の調理程度では殺菌できません。生のまま食べさせるのはもちろん、焼き菓子やお料理などにハチミツを使った場合も乳児へは食べさせないよう、今一度注意をお願いいたします。 ご不明な点がありましたら、お問合せください。

2017年4月 ナルセ養蜂場

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

トラックバック

トラックバックURL

https://naruse-bee.jp/php/freo/index.php/trackback/231

コメント

コメント投稿

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着画像

新着コメント

2019/10/13 from Anthony
Re:ミツロウの色
2019/10/12 from Maria
Re:ミツロウを使ったワックスバーづくり
2019/10/11 from Darleen
Re:ミツバチが北海道にきた!
2019/10/10 from Walker
Re:ミツバチの積み込み
2019/10/09 from Parker
Re:養蜂道具紹介2-ツール

新着トラックバック

2019/06/01 from 承認待ち
Re:アマムエクルさんのお菓子

Feed

ログイン

認証フォーム